今こそ知りたい!AGEST(エイジスト)の成分を徹底解説!

今こそ知りたい!AGEST(エイジスト)の成分を徹底解説!

AGEST(エイジスト)の成分

 

肌の再生効果に期待ができると口コミサイトやSNSでも話題になっているエイジストですが、
実際にどのような成分が含まれているのでしょうか。

 

エイジストに限らず言えることですが、自分が商品やサービスに興味を持ったとき、
どんな成分が含まれているのか? 副作用などは大丈夫なのか?
と言ったように気ですよね?

 

私も何かあるとすぐグーグル先生に聞いてしまいます。(笑)

 

ここでは、エイジストの主要成分を解説していきます!

 

 

エイジストに含まれている主要成分一覧

 

エイジスト成分

 

馬プラセンタ

 

プラセンタとは胎盤のことで、プラセンタサプリとは、胎盤のエキスを使用したサプリメントです。
サプリに使われているプラセンタには、馬の他にも豚・羊・植物などの種類があります。

 

その中でもエイジストに使われている馬のプラセンタは、一番高品質です。
なぜなら、豚や羊と比較して「抗原度」が」低いためです。

 

抗原とは、微生物や毒素など抗体を作るための原因となる物質で、人間に置き換えると
風邪のウイルスだったり、花粉症におけるスギ花粉やヒノキ花粉のことを言います。
また、馬の体内は、豚や羊比較して体温が5、6度高く、雑菌や寄生虫が住みにくい環境にあります。

 

 

「馬刺し」がお店が飲食店で食べられるのも、他の動物肉よりも抗原度が低いことが理由の一つです。

 

 

馬プラセンタに含まれるアミノ酸は、豚プラセンタの300倍と言われているので、その差は明らかですね。

 

これらのことから、エイジストには、高品質な馬のプラセンタが使用されていることで、肌への効果も高いことが言えます。

 

デルマタン硫酸

 

デルマタン硫酸は、近年美容業界でも注目されている成分です。
人間の皮膚や肺、血管などに含まれており、肌の新陳代謝に作用し、ターンオーバーを正常にするよう促す効果があります。

 

デルマタン硫酸は、ヒアルロン酸と比べると分子量が小さく、吸収率も高いのが特徴です。
ヒアルロン酸も肌のうるおいを保つためには、とても重要な成分には変わりありませんが、分子量が大きいため、分子と分子の隙間から水分が逃げてしまいます。

 

この隙間を分子量の小さいデルマタン硫酸がふさぐことで、より効果的なうるおいを実現できます。

 

デルマタン硫酸は、ヒアルロン酸のほかにも、プラセンタやコンドロイチン、コラーゲンと相性が良いため、
肌の活性化が期待できる成分と言えます。

 

アムラ


アムラという果実をご存じでしょうか?

 

私もエイジストに出会うまでは、アムラの存在を知りませんでした。。。

 

アムラはインドの伝統医学アーユルヴェーダでは
最も重宝されている果物で、「若返りの果実」とも言われています。

 

アムラに含まれているポリフェノールは赤ワインの約30倍
ビタミンCはレモンの約20倍と言うから驚きです。

 

さらに、アムラに含まれるペクチンは整腸作用があるので、便秘を防ぐ効果も期待ができます。

 

ポリフェノールやビタミンCは美容の強い味方ですので、これだけの量を摂取できるのは、非常に有効な成分だと言えます。

 

ヒアルロン酸

今こそ知りたい!AGEST(エイジスト)の成分を徹底解説!
すっかり美容成分でおなじみとなったヒアルロン酸もエイジストには含まれています。

 

ヒアルロン酸は皮膚や関節、眼球などに多く存在しています。
ヒアルロン酸1gで約6リットル近くもの水分を保持できるともいわれるほどの水分保持力をもっているとされています。
1gで6リットルってすごいですよね。。。

 

この保水力が肌にみずみずしいうるおいを与えてくれます。

 

ヒアルロン酸は若々しくハリのある肌を保つには欠かすことのできない成分ですが、デルマタン硫酸と同様に年齢を重ねるごとに減少してしまいます。

 

エイジストに含まれている、デルマタン硫酸やコンドロイチン、コラーゲンと同時に摂取することで、相乗効果を発揮できます。

 

コンドロイチン

 

コンドロイチンも有名な成分ですね。

 

コンドロイチンは皮膚や粘膜など体内のさまざまなところに存在しており、グルコサミンと並んで軟骨に良いとされています。

 

ただ、デルマタン硫酸やヒアルロン酸と同様で、加齢とともに体内で生成される量が少なくなってしまいます。

 

そのため後述のグルコサミン同用、スムーズな動きをサポートするコンドロイチンを補うことがすすめられているのです。
コンドロイチンは、軟骨に水分を与えて弾力性を維持するために欠かせない成分です。

 

サメの軟骨やうなぎ、スッポンに含まれていることで有名ですが、ほかにもオクラ、山芋などの食品にも多く含まれています。

 

グルコサミンと一緒に摂取することで相乗効果が期待できることなどから、エイジストをはじめとしたサプリメントで
摂取することがオススメです。

 

グルコサミン

 

グルコサミンはカニの甲羅やエビの殻などに含まれています。

 

人間にも存在し、健やかな毎日に役立っています。
小さな分子で吸収されやすく、さまざまな成分をつくるもととなり、ヒアルロン酸の原料にもなります。

 

グルコサミンを使った健康食品を近年よく見かけるようになりましたね。

 

コンドロイチンなどと同様で関節痛を和らげるなどの効果が期待できます。

 

 

コラーゲン

 

コラーゲンはタンパク質の一種で、ハリと弾力を与えてみずみずしく健康的な肌を保つ働きをしています。

 

人間は体内のコラーゲンが減少すると、シワやたるみができやすくなるだけでなく、体のいろいろな組織がもろくなってしまいます。

 

コラーゲンは食事からも摂取することが可能です。
例えば、フカヒレやすっぽん、手羽先、牛すじなどにはコラーゲンが多く含まれています。

 

でもこれらの食べ物ってそんなに頻繁に食べませんよね??
エイジストを始めとしたらサプリメントなら手軽に摂取できます。

 

まとめ

 

ここまでエイジストに含まれている主要成分を解説してきました。
肌へ有効な成分だけでなく、関節や体の組織にも有効な成分が含まれていることがおわかりいただけたと思います。

 

普段仕事や家事、子育てなど頑張っているあなたの参考になればうれしいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。(^▽^)/

 

エイジスト最安値